HONEY SOURCE

ゆらゆら、浮くまま

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク :
<< 英国のあなたへ花を。 : main : 垣根を越えようとする。 >>

踊るようにわらう。

お久しぶりです。

もう深刻ぶるのはやめましょう。
物事は、そんなに複雑にはできていない。

ただ、私はなにもないから。
私にはなにもないから。
せめて、せめて、私の手の届く範囲のひとを、笑顔にしたいと。
そのためにはなにができる?
なにからはじめればいい?

とりあえずは、いまの道から逃げないよう。
せめてこの手段だけは、最終的に手元におけるように。
悪く言えば、逃げ道として置いておけるよう。
だからこれからの7年は、歯を食いしばってでも耐える。
耐えなければならない。そう思い込んでやるしかない。

何千人何万人に存在を愛おしいと思われるのは不可能だけど、
何人かにでも存在を認められれば、それだけで報われる思い。

好きなひとに好かれるというのは、奇跡だと思う。
恋愛であれ友情であれ、なんであれ。
情が絡む限り、それは奇跡だと信じてる。
その奇跡を抱きしめて。

また、更新する。
ふわふわ : comments(0) : - : シュウ :

スポンサーサイト

- : - : - : スポンサードリンク :
Comment