HONEY SOURCE

ゆらゆら、浮くまま

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク :
<< 珍しくそれは過去のように。 : main : やさしさは毒である。 >>

もういいよなんて言わないで。

いつだって私の感情を簡単にぽきりと折ってしまう。いつだってすぐに泣きそうになってしまう。でも泣けないんだ。眼球は乾いたまま。くちびるだけがわなわなと震えて。情けないよ。いつから泣けなくなったんだろう。でもね、泣けないけど、簡単に笑えなくなるんだ。顔の筋肉が動かなくなってしまう。笑えないよ。部屋から出られない。出たくない。
ねえ、気持ちだけじゃうまくいかないってこと?
その気持ちすら曖昧であやふやで不確かってこと?
もう分かんない。なにも分かんない。むずかしい。
会いたいって思わなくても会えたのに、会いたいって思っても会えなくて。会おうと思わないわけないのに。会いたい。会いたい。会いたいよ。会いたいのに。
どうして私は子供なんだろう。なんで学生で、なんでこんなに遠い場所に居るんだろう。でも、全部全部、自分が決めたことで、いまさら言ったってなんにもならない。届かなくたってやっていけるひとたちはそこらじゅうにたくさんいるのに、どうして私は片割れにあんなことを言わしてしまうんだろう。それはもちろんもともと私が発した言葉が原因で、ということはつまり私の考え方が、思考回路が、言わせてしまっているということか?
ふわふわ : comments(0) : - : シュウ :

スポンサーサイト

- : - : - : スポンサードリンク :
Comment