HONEY SOURCE

ゆらゆら、浮くまま

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク :
<< 群れのなかに爆弾。 : main : もういいよなんて言わないで。 >>

珍しくそれは過去のように。

いってらっしゃい。
って、言えなかった。
ごめんね。あいしてます。
どうか、どうか、無事でありますように。
あなたなら、大丈夫。
だって私のあいするひとだもの。
愛しの片割れ。
帰ってくるのを待っています。



きっと彼女は私が気に入らないんだと思う。
かくいう私は彼女が気に入らないんだから、お互い様。
見下すのは楽なこと。

ただの僻みか?
……まさか。

あの喋り方が、立ち居振る舞いが、いちいち鼻に付く。
ああ、これは、好みの問題か。
彼女を好くひともいるだろうけれど、私には到底無理な話。
どうしても好きになれないひと。


好きなものは好き。
それ以外は好きじゃない。
簡単なこと、さ!
ふわふわ : comments(0) : - : シュウ :

スポンサーサイト

- : - : - : スポンサードリンク :
Comment