HONEY SOURCE

ゆらゆら、浮くまま

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク :
<< 飲み込んだ自己。 : main : 白夜の少し手前。 >>

果てなき螺旋。

こわい。こわい。
早く、「よくやったね」って。「お疲れ様」って。
言われたいよ。いやだよ。もう、こわい。
これ以上、背負いたく、ない。
折れ、る。ぱきぱき、ぽきり、ああ、さよなら。
なんて、ね。

とてつもない不安に襲われて、泣きたくなって。
でも、ここでやらなきゃどうするんだって、自分を奮い立たして。
もしも、なんて、だめだ、こわいんだ。
今だって震えそうで、泣きそうで。

大丈夫だよ、安心して、だって。
いつだって自分次第。


会いたい会いたい会いたい。触れたい。抱きしめたい。
ああ、もう。どうして私はあの人じゃ無いんだろう。


どろどろ、濁ってる。掬えない、救え、ない。
私を、飲んで、飲み干して、欲しい。




こわいこわいはやくわたしをみつけてわたしをだきしめてわたしのたいおんをあのひとのたいおんとおなじにしてよ。こえをきかせてだきしめさせてふれさせて。いますぐわたしをあのひとのところへつれてって。いまならえいえんさえもしんじられるきがするんだ。ばかばかしいたわごとだからきにしなくていいよ。むししてくれてかまわない。
いってるのに。ずっとまえからいってるのに。

また、あえるひまで。


ふわふわ : comments(0) : - : シュウ :

スポンサーサイト

- : - : - : スポンサードリンク :
Comment